ロケーション

  • 日進赤池ヒルズ
  • 周辺環境
  • 日進市の魅力

名古屋市、豊田市のベットタウンとして発展してきた日進市

市のほぼ中央部を天白川が東西に流れ、
その流域には里山・農地などが残っており緑豊な街並みが広がっています。
また名古屋市、豊田市のベッドタウンとして、
若年夫婦を中心とした人口流入が続いており出生率が増加しているため、
新しい住民同士のネットワークが強いと言われています。

平成24年2月1日現在で、人口84,164人。年々増加傾向に!

町制施行された昭和33年の人口は1万人余りでしたが、
名古屋市のベッドタウンとして宅地開発などが行われ、人口が急激に増加し、
平成20年9月には8万人を超えています。
平成24年2月1日の人口は84,164人で、現在でも市内各地で土地区画整理事業が進んでおり、
人口はさらに増加するものと思われます。

充実した子育て・福祉事業、学園都市としても魅力!

平成6年10月には市制施行され、保育園、小学校等の充実や、
福祉施設を各地区に設け、子育てや福祉に関する事業にも力をいれており、
魅力ある住環境の整備に努めています。
市内には愛知学院大学、名古屋商科大学、椙山女学園大学、
名古屋学芸大学、名古屋学芸短期大学、名古屋外国語大学、
名城大学日進総合グラウンド、愛知東邦大学日進グラウンドなどがあり
学園都市の側面もあります。

ロケーション写真